自宅でエステ

お風呂でのエステ効果

自宅のお風呂でエステの効果を発揮させるためには、入浴において工夫をすることが必要です。半身浴や保湿などの効果を上昇させることにより、より美肌効果を実感できるために、エステに近い状況を作り出すことが出来るのです。 入浴で大切なことは、半身浴を行うことです。半身浴を行う子で、心臓に負担をかけることなく、入浴を行うことができます。エステの効果を発揮させるためには、半身浴で長時間入る必要があるのです。そのためにはお湯の温度を40度にし、そして30分入ることが必要になります。体に負担をかけずに、肌の代謝を良くするためには、このようにお湯の温度を下げr必要があるのです。あまりにも熱い温度にしてしまうと、肌に対して負担をかけてしまうことになります。また体に対しての負担も大きくなり、特に心臓に負担をかけてしまうことになるので、温度はあまり高くない方が適しているのです。 入浴中にはヘアキャップを着用するようにしましょう。自然に頭皮の毛穴の汚れを浮き出すためには、ヘアキャップを着用することで、保湿効果を生み出すことが必要です。またヘアキャップ着用により、毛細血管の刺激することが出来るので、より美しい髪の毛を生やすことに効果を発揮してくれるのです。 お風呂の中ではストレッチを行うことも有効です。入浴の最中には、体温が上昇しているために、普段より体がより柔らかい状態になっています。そのため通常の状態よりも、より深いストレッチを行うことができるので、さらなる効果を期待することが出来るのです。 エステでは体を細くすることを目的としてますが、入浴時に行うストレッチにも体を細くしてくれる効果があります。代謝を上げてくれるために、気になる部位の筋肉に対しては、より強くストレッチを行うようにしましょう。 このように自宅のお風呂でエステ効果を発揮するためには、半身浴で約30分入り、そしてヘアキャップを着用し、ストレッチを行うことが効果的です。

↑ PAGE TOP